銀座 誠友堂

金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。昭和56年創業の古物商ならではの安心のサポートが人気の秘訣です。

金の小分けを利用すると、節税を上手に行う事が可能です。売却や相続を賢く行う為に、覚えておくと役に立つ方法になります。具体的な方法として、売却の際は50万円の特別控除の範囲内で行うと有効です。例えば、500gのインゴットをそのまま売却すると特別控除の範囲を超えてしまうので、100gに小分けして少しずつ売却して特別控除の範囲内に収めましょう。課税による支出が少なくなるメリットがあります。所得額の調整もしやすいので、大量の金を課税率が上らない範囲内で売却する事も可能です。 相続をする場合は、換金の必要がありません。大きなインゴットを一度に渡すと基礎控除額の110万円を上回ってしまいますが、小分けにすると基礎控除の範囲内に収まるので贈与税を節約できます。インゴットを分割する事は、相続する方が複数居る場合にも有効です。人数分に分けておき余りを売却する形にすれば、1つのインゴットの相続を争う事がなく、相続によるトラブルを避けやすくなるでしょう。
Tagged on: , 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】