株式会社シーブリッジ

不動産広告専門会社のシーブリッジです。戸建てやマンションの「間取り図」「案内図」「区画図」作成と制作の外注業者です。広告用イラストレーター・レインズ用JPEGどんな形式の納品も可能。中国・ベトナムの間取り図工場と提携。月間5000件以上の納品実績。


間取りの関連情報

間取り(まどり)は、完成した建築物の内部における部屋や区画の配置、ないし、建築物の設計段階において、その建築物内部の部屋や区画の配置を計画する行為をいう。後者の場合は「平面計画」「ゾーニング」とも呼ぶ。本項では、日本における一般的な住宅の例を中心に述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

2次元CADを使うこともできますがイラストレーターのようなドローソフトは手元に揃えられている場合も多いもので、これを使って間取り図の作成が行えます。 手順としては100分の1の縮尺に揃えます。最も細いパスは0.5ポイントに設定し、縮小された場合にも0.25ポイントの線として描くことが出来ます。 サッシュの引き違い戸の太さは0.5ポイントとし二重サッシの場合には建具が4本入りますから壁厚は6ポイントとし、引き戸は黒の0.5ポイント、サッシ枠は白の0.5ポイント、建具との空きは0.5ポイントに設定します。 一戸建て住宅やマンションで必要とされるパーツとしては和室や床の間、押入れ、物入れ、洗面所、洗面台、バスタブ、階段やトイレ、浴室やキッチン、出窓、などが一式必要となりますので部品として揃えておきます。タイルも大きさごとに割り付け用として用意しておくとワンタッチで配置できます。 下絵の間取り図を配置してからグリッドの上からなぞって行きます。壁厚を作り、文字の記入を行います。バルコニーや畳、板の間などカラーで色分けします。
Tagged on: , 間取り図の作成は【シーブリッジ間取図工場】