昭和住宅

名古屋エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

名古屋でアパート経営をお考えの方、アパート経営のメリットとデメリットを教えます。メリットは、入居者からの家賃収入で20年、30年と長期的に収益が見込めることです。デメリットは、大きな資金が必要なこと、そして、入居者が少ないと赤字になってしまうことです。ただ、最近は、大きな資金を得るためにローンという選択をしてアパート経営を始めることができます。ローンでは、資金計画がとても大事です。賃貸収入がいくらなので、ローンはいくらまで借りられるかしっかりと検討しておくことが重要です。この際、入居率は100%で計算するのではなく、平均で、60%で計算しておいた方が、借金が返せず破綻するということがおきないのでお勧めです。
Tagged on: , 収益エリア名古屋 | 不動産投資やアパート経営なら|昭和住宅アセット事業部