京生麩のお店 愛麩

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

2017年12月20日に京都・平安神宮境内に文化商業施設「京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」がグランドオープンしました。そこでは京都三大祭りである時代祭の魅力を、最新映像技術を使い伝える場であり、和飲食店やフードコート、和雑貨店などが立ち並ぶ複合型の商業施設です。その中の一角に生麩専門店である「京生麩のお店 愛麩 -MANAFU –」も同時オープンしました。生麩とは、精進料理の一つで、肉を禁じられていた禅僧にたんぱく源として食べられていたのがはじまりです。今ではダイエット食材として注目を集めています。低カロリーの食物性たんぱく質のため栄養価が高く、またもちもちした触感のためよく噛むことで満腹中枢が刺激されるためです。さらに消化吸収が良いので健康食品でもあります。そんな生麩を使ったスイーツ、生麩饅頭や生麩田楽は京都の名物です。餅とは違う滑らかな触感とツルンとした味わいが特徴であり、広く人気です。そしてその生麩和菓子をより今風にアレンジを加えたのが京生麩のお店 愛麩 -MANAFU –です。特徴的なのがアイスバーさながらに、串に刺さっている生麩barです。手を汚すことなく、また箸も不要なので歩きながらも食べやすい、見た目も可愛い斬新なデザインです。磯部焼きやみそ焼きなど和風のものからガーリックペッパー味やチリソース味など西洋風まで「namafuとworldを美味しさでつなぐ」をコンセプトにバラエティにとんだ豊富なメニューが魅力の一つです。色とりどりの生麩バーセットも取り揃えています。他にも生麩パフェやみたらし生麩、田楽系やスイーツ系など様々な和洋菓子を楽しめます。低カロリーでヘルシーなのでいくらでも食べられる安心感があります。Namahu Barというアルコールも同時に注文できるバーも営業しているので、和洋菓子とお酒を片手に施設めぐりもできます。店舗は一階で、年中無休10時から18時まで詳しくはお問い合わせください。
Tagged on: , 京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内