JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人

東京で工房を構えるリメイク・リペア専門店JOURNEY FACTORY。これまで携わったジーンズのリペア・リメイクは10.000本以上。デニムで有名な児島でリメイク工房経験を積んだ職人が担当致します。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ジャーニーファクトリーは経験豊富な職人による、布地のリメイクやリペアの専門店となっていて、布地の中でも特にデニムを得意としているのが特徴です。料金も明確になっているので、金銭面で不安に感じながら依頼するということにもなりません。修復する大きさや数により、作業時間と技術料には違いが生まれ、この二つによって料金が決められています。最も時間を要し、慎重に行わなくてはならないのは解体時であり、生地を傷めないように手作業で行うことにより時間も掛かりますが、この作業をいかに丁寧に行うのかが重要であり、職人の腕の良し悪しが重視されるポイントにもなります。技術料は特殊なミシンを使ったり、縫製が難しいほど高くなるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。デニムのリメイクやリペアは工賃が高く依頼するか決めかねているという人もいますが、ジャーニーファクトリーでは予算に合わせたプランを選ぶことができるので、リーズナブルな工賃で依頼することも可能となっています。修復方法を簡易なものにしたり、修復箇所を予算に合わせて必要な部分のみにしておくなど、金銭面の負担を経験させる方法のアドバイスも丁寧に行ってもらうことができ、それぞれのメリットだけではなく、リスクも教えてもらうことができるので、より納得した上で依頼するかを決めることができるのではないでしょうか。工賃を少しでも安く抑えるためには、少しでも早い段階でリメイクやリペアをするという方法になるので、悩んだ際にはまず相談してから決めるべきです。相談は無料で、電話やメールからもできるので初めてという人でも不安になることがなく、気軽に確認することができます。リメイク前には入念な打ち合わせが行われるので、イメージと仕上がりが異なるというミスマッチを防ぐことができます。しかしどうしても想像とは異なる仕上がりになってしまったという場合には、一度なら修正のリメイクも可能となっているので安心です。
Tagged on: , JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人