トップページ of アクセント附属養成所シャイン

声優・ナレーター養成所は東京「アクセント附属養成所シャイン」。アクセントの附属養成所シャインとして1999年に1月に設立。現在は約100名の生徒が所属しており、プロの声優・ナレーターが講師として教育指導を行っています。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プロの声優やナレーターを担当したいときは、専門的な技術を身に付けなければなりません。東京にあるナレーター養成所を卒業した人は、様々な分野で活躍しているプロが多いです。入学をしたら、ナレーションだけではなく、演技やダンスのレッスンを行います。更に、経験を積み重ねると、現役の音響監督による、アニメやアフレコの練習にも力を入れるので、高度なスキルを身に付けることができます。本科が修了したら、アクセントのオーディションがあります。合格をすれば、色々な分野で活躍することができますし、結果を残すことで、正式に所属ができるかもしれないので、向上心を持って、レッスンに参加をしてください。また、ナレーター育成所では、初心者のために見学会を実施しています。見学会は、平日の月曜日と水曜日に授業の様子を見学することができますし、定期的に交流会も実施しているので、気軽に参加しましょう。場合によっては、コミュニケーションの幅を広げるために、個人面談を行うこともあります。個人面談では、相談できないことも、前向きに考えられるので、将来のことを視野に入れて、プロを目指しましょう。指導者は、プロに必要なことを時間をかけて教えています。プロとしての表現や社会人としての心構えも教育しているので、丁寧な対応を心がけています。オーディション後は、進路相談会を実施しながら、個別面談を行っています。説明会に参加をすれば、無料体験レッスンが受けられます。体験レッスンは、経験者だけではなく、未経験者でも参加ができます。条件は30歳までが対象になっていて、不明点があれば、色々なアドバイスが受けられるので、プロを目指すときは、積極的にレッスンに参加をしましょう。ナレーションのコンテストを受けるときは、自分なりにテーマを決めることができます。個人だけではなく、グループで参加することもできるので、友人や知人を誘って、大きな目標に向かって、努力をしましょう。
Tagged on: , 声優・ナレーター養成所は東京「アクセント附属養成所シャイン」